便秘がちな人にスムージーがいい理由とおすすめな飲み方

海外セレブやモデルなど、美容や健康に敏感な方がこぞって取り入れているスムージーには、美容効果やダイエット効果など様々な効果が期待できます。

普段不足しがちな栄養もドリンクの中にぎゅっと濃縮することができるため、食欲がない方も忙しい方もごくごく飲めて乱れがちな栄養バランスを整えることもできますよ!

今回は、そんなスムージーの便秘解消効果とオススメな飲み方について詳しく調べてみました。

スムージーはどうして便秘解消に効果的なの?

便秘,スムージー,飲み方

スムージーは、普段なかなか摂取することができない野菜や果物をジュースにして取り入れるため様々な栄養を補うことができます。

その中でも、食物繊維はとっても豊富です。

水溶性食物繊維は固くなった便を柔らかくして排便をスムーズにし、不溶性食物繊維は不要な老廃物をからめとりながら腸を刺激して活性化します。

さらに食物繊維は善玉菌の餌となり、善玉菌の数を増やしてくれるので腸内環境も整えてくれるのです。

また、スムージーの中には野菜からとれる酵素がたっぷり含まれています。酵素は体の中で消化酵素と代謝酵素に分けられ、消化・吸収をサポートしたり代謝を上げて腸の働きをあげることができます。

また、酵素も善玉菌の数を増やす作用があるため効率よく腸内環境を増やすことができるのです。

グリーンスムージーのオススメな飲み方とは?

便秘,スムージー,飲み方

スムージーは、朝空腹時に飲むことがオススメです。朝は一番腸が活発に動いており、栄養も吸収しやすい状態になっています。

そのため、朝食と置き換えて飲むとダイエット効果もあり効果も実感しやすいですよ!

注意すべきポイントは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合をバランスよく混ぜてスムージーを作ることです。

水溶性食物繊維を含む野菜はあまりないので、果物のバナナやリンゴを入れて調整していきましょう。ただし、果物を入れ過ぎるのは、カロリーオーバーになるので気をつけなければいけません。

甘みが足りない時は、砂糖ではなくオリゴ糖がおすすめです。

また、いつも冷たい状態のスムージーを飲んでいては体が冷えてしまうので、スムージーは常温で飲み体を冷やさないようにしましょう。

より効果を高めたい場合や、腹持ちを持たせたい場合は、ヨーグルトを混ぜることで乳酸菌効果をプラスでき、満腹感も得られます。ぜひ、合わせてブレンドしてみてくださいね!