スポンサーリンク

酵素ドリンクを使ったファスティングの方法

酵素ダイエットは酵素ドリンクを使って減量するやり方ですが、最も効果が高いのはファスティングだといわれています。しかし、ファスティングは、正しいやり方で行わないと、リバウンドの危険も高くなります。

酵素ドリンクを使ったファスティングの方法をまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




まずは準備期間を設ける

酵素ダイエット,痩せない,原因

いきなりファスティングを始めると、その分胃腸に負担がかかるので準備期間が必要です。準備期間を取ることで空腹感も耐えやすくなりますよ!

準備期間はファスティングを行う期間と同じ1~3日間として、普段の食事量の6~8割ほどの食事にセーブしましょう。

ここで、断食前にお菓子や好物をたくさん食べると、逆効果なので注意してくださいね。

ファスティング開始

酵素ダイエット,効果,期間

ファスティング中は、固形のものは口にせず、水と酵素ドリンクのみで過ごします。酵素ドリンクは既定の量をきちんと測って使用することで、正しい効果が発揮されるので用法容量はしっかりと守りましょう。

原液のままよりもお水や炭酸水で割ると、空腹感を感じにくくなりよりスムーズにファスティングを進めることができます。牛乳や豆乳で割ると、腹持ちはよくなりますがカロリーが高くなるのでより効果を感じたい人には、あまりおすすめできません。

ファスティングの期間は通常1~3日間といわれています。体調やライフスタイルに合わせて、調整してみましょう。初めての人であれば、まずは1日のみのファスティングで体を慣らしていくのもよい方法です。

回復食の期間を作る

おじや、たまごおかゆ

ファスティングが終わったからといって、すぐに元の食事に戻すのは間違いです。すぐに普段の食事に戻すと胃腸に負担がかかるだけでなく、空腹状態の胃腸は吸収力が高くなっているので、いつも以上に栄養を吸収してしまうのです。

その結果せっかくデトックスを行い、落とした体重もリバウンドしてしまうこともあるので、回復食の期間は必ず作りましょう。

吸収のいいおかゆやお味噌汁、野菜スープなどを薄めの味付けで用意していただくのがオススメです。酵素ファスティングの回復食に適した食べ物は、低カロリーで消化に良いものです。加えて、ベビーフードも良いでしょう。市販のベビーフードを使えば、かなり楽できて、カロリーが低く、消化もしやすいです。

当たり前ですが、食べる量も減らすべきです。ここで食べ過ぎてしまっては、元も子もありませんよね。摂取カロリーに気をつけながら優しい味付けのものを意識していきましょう。また、よく噛み時間をかけて食べることも大切です。

回復食にもファスティング期間と同じだけの期間を設けて行います。慣れないうちは、できればもう少し長めに行うほうが良いと言われています。

ファスティングの専門家が作った酵素ドリンクとして、長年の歴史を持つ「優光泉」という酵素ドリンクがあります。酵素ドリンクとしては、老舗ですので...