食べながら痩せるために気を付けたい5つのこと

“痩せたい!”けども“食べたい!”誰もが持つこの相反する欲求を叶えるのが、食べながら痩せるダイエットです。“本当にそんなことが可能なの?”と半信半疑なあなた、この方法は決して難しい何かをしたり、高価なツールを用意する必要はありません。

今から誰でもすぐに始められるお手軽ダイエットなんですよ。さぁ、早速食べながら痩せるために気を付けるべきことをチェックしていきましょう。

一日三食きっちり食べる

食べながら痩せるために気を付けたい5つのこと

ダイエットで安易に取り入れがちな食事を抜く方法は、身体に負担をかけるだけのNG行動です。食べながら痩せるための基本は、きっちり三食食べること。特に朝食は身体のスイッチを入れ、一日を活力ある状態で過ごすために必要なものですよ。

また、三食を毎日ほぼ同じ時間に食べることにより、身体のリズムを整えることもできます。身体がしっかり働くということは、内臓も健康になり、血流や新陳代謝も活発化。ダイエットにもつながります。

食べる量は朝→昼→夜と減らしていく

食べながら痩せるために気を付けたい5つのこと

三食食べるといっても、すべてをフルボリュームで食べてしまっては“痩せる”効果は期待できません。そこでオススメなのが、食べる量を朝が一番多く、お昼は普通、夜は少なめに調整すること。

朝しっかり栄養を取って、1日の活動エネルギーをゲット。お昼は午後の活力になるよう通常通り摂取。夜は、体を休める準備をするためにも、胃腸の負担にならない軽い食事で済ませましょう。

21時以降は食べない

夜の食事でもう一つ大切なのは、食べる時間です。“寝る2時間前以降は食べ物を口にしない”というのがよく聞く定説ですね。というのも、胃腸での消化作業にエネルギーを消費している状態では、身体がしっかりと休む体制に入れないから。

というわけで、夜21時以降の食べ物は我慢しましょう。どうしてもお腹が空いてしまった人は、負担が少なく睡眠導入の効果も期待できるホットミルクなどがオススメですよ。

食べる順番は野菜→メイン→炭水化物

食べながら痩せるために気を付けたい5つのこと

さて、食べながら痩せるためには食べる順番にもポイントがあります。それはお腹がいっぱいになったと感じる満腹中枢に関係しています。人間の満腹中枢は、脳が満腹になったという刺激を受けることで満腹感を感じます。

そのため、最初にカロリーの少ない野菜類を食べ、次に身体のエネルギー消費に必要なたんぱく質などのメイン類、最後にカロリーになりやすい炭水化物を摂取すれば、満腹中枢が早めに満たされるので、太りやすい炭水化物の摂取が少量で済みます。

また、食事の最初に汁物を取るのも◎。この食べ方をすると、いつもよりも少ない量で満腹感を感じられるようになります。

ゆっくり、しっかり噛んで食べる

最後に、もう一つ満腹中枢を早めに満たすコツを。それはゆっくり、しっかりと噛んで食べること。噛むという行為も満腹中枢を満たす要因の一つです。一口ごとに10回以上噛むことを意識してみてください。思ったよりもアゴが疲れるので、顔痩せにもなりそう!?

いかがでしたか? 毎日の食事を楽しみながらもダイエットにつなげる“食べながら痩せる”ために気を付けたいこと。どれもハードルの高いものではないので、取り入れやすそうなものから順に始めてみてくださいね。