スポンサーリンク

朝食を抜くのはダイエットに効果的?太りやすくなる?

以前は「朝食は1日のパワーの源」とされ、朝食を食べることが重要だと言われてきました。また「朝食を抜くと太る」という意見もあります。しかし、最近では「朝食抜きダイエット」という言葉も聞かれるようになり「朝食を食べないことで痩せる」という意見もあります。

「いったいどっちが正しいの?」と混乱してしまいますよね。今回はその疑問を検証してみます。

朝食抜きダイエットとは?

朝食,ダイエット

朝食抜きダイエットとは、その名前のとおり朝食を食べないダイエットです。固形物は口にしませんが、十分な水分補給は行います。ただそれだけで1日の摂取カロリーを大幅に減らすことができ、痩せるというわけです。シンプルですね!

摂取カロリーが減る

本来、ダイエットには夕食を減らすことがいいと考えられていますが、夕食は家族や友人と楽しむコミュニケーションの時間であるため、食事を減らすことはストレスになります。

その点、朝は出かける用意も忙しく、比較的無理なく摂取カロリーを減らすことができます。

胃腸を休ませる

年齢を重ねると胃腸の働きは少しずつ低下していきます。朝食を食べる時に胃が重たく感じる場合は、しっかりと消化しきれていないのです。

朝食を抜くことで、胃腸を休ませ本来の働きを取り戻すことができます。

デトックス効果

食事の回数が少ないほど、体内の老廃物を排出する効果が高いといわれています。

そのため、朝食を食べないことで体内の老廃物の排出が活発になり、デトックス効果が高くなるほか、血液の循環が良くなったり、肌荒れが改善されたりします。

朝食抜きダイエットが失敗する理由

朝食,ダイエット

空腹感に負ける

朝食抜きダイエットの最大の課題は「空腹感」です。朝食を食べずに会社へ出勤すると、昼食までの間に空腹がガマンできず、間食したり、反動で昼食をたくさん食べ過ぎてしまうことがあります。

また、朝食を抜いているという油断から夕食も量が増えたり、少しだけ・・という間食が重なって結果的に太ってしまうことがあるようです。

高カロリー食品が好き

カロリーが高い「油もの」や「甘いもの」が好きな方にはあまりおすすめできません。食べる時間の間隔が空くことによって、身体は栄養を吸収しようする働きが活発になります。

せっかく朝食を抜いていても、その後カロリーが高いものたくさん食べてしまえば、ダイエットの効果は得られなくなります。

効果的な方法

朝食,ダイエット

「朝食抜き」の負担を軽減するために、少量のフルーツや野菜ジュース、スムージーを摂ることをおすすめします。フルーツや野菜ジュースは比較的カロリーが低く、酵素や適度な糖質を含んでいるため、空腹感を感じにくくしてくれます。

もちろん、完全に朝食を抜くダイエットに比べると、その分カロリーを摂取することになってしまうかもしれませんが、空腹をガマンするストレスも減り精神的にも負担が少なくなります。また、反動で昼食や夕食を食べ過ぎてしまうことも防ぐことができます。

~注意をひとこと~

午前中に体を動かす場合は、朝食を食べてしっかりエネルギーを摂取することをおすすめします。また、体を動かす仕事の人や、運動量の多い学生さんは朝食を食べたほうがいいでしょう。いずれにしても活動に支障がないように注意しましょう。

朝食抜きダイエットは正しい方法で

朝食抜きダイエットは、取り入れ方を少し工夫することでストレスなくダイエット効果が得られそうです。ただ、今まで朝食をしっかり食べていた人がいきなり挑戦すると、体調を崩してしまう場合もあります。

少しずつ量を減らすなど無理のない範囲で始めることをおすすめします。自分の食生活やライフスタイルに合わせながら取り入れてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク