脱毛は多かれ少なかれ、肌に負担を与えるものです。脱毛施術を受けようとする以上、その危険性から逃げることはできません。

では実際にどんな肌ダメージがありうるのか、どんな肌ケアをすればいいのか。そこが大切ですよね。今回は、脱毛後の肌ダメージと肌トラブル、そのケア方法についてまとめました。

脱毛後の肌ダメージ

実は筆者、これまでに一度脱毛サロンを変えています。最初に通ったサロンは、光脱毛を主とするサロンでした。

12回制のコースを予約し、ワキ脱毛を始めたのですが、その施術後すぐに肌に違和感を感じました。それは、極度の乾燥。これまでなんのトラブルも無かったワキなのに、脱毛施術後に粉を吹くほどに乾燥してしまったのです。

その訳は、どうやらスタッフが初心者で脱毛の効果を急ぐあまり、光を当て過ぎてしまったこと。結果、肌が音を上げ、乾燥につながってしまいました。

脱毛後の肌ケア

そんなとき、出会ったのが現在通っているサロンです。前回の反省を踏まえ、肌の乾燥について相談したところ、教えてもらったのがアフターケアの方法です。もちろん、脱毛サロンでも施術直後に冷却ジェルや冷やしたタオルを使ってのクールダウンは行ってもらえます。

しかし、それだけでは不十分! 私の場合、光脱毛でしたので、微量とはいえ、熱を持った光を肌に直接当てているのですから、その後の肌ケアも必須なんだそうです。

ただし、肌ケアといっても複雑なプロセスは必要ありません。私が実践したのは、お風呂上りに顔だけでなく、脱毛施術を受けたワキにも化粧水と乳液を塗るということだけ。

これだけでも保湿効果は抜群、十分な乾燥対策になります。

脱毛後の肌ダメージがひどい場合

もちろん、私のように、手軽なアフターケアではすまない場合もあります。

もし、脱毛施術後数日経っても痛みが残るような時、また肌の赤みや腫れが引かないような時は、必ず脱毛サロンに相談してください。多くの脱毛サロンでは細心の注意を払って施術が行われますが、どんなに気をつけていても人と機械が行うことに100%はありません。

少しでも不安を感じたら、気軽に相談できる。そんな脱毛サロンを選ぶことも大切ですよ。

脱毛による肌ダメージを防ごう!

脱毛による肌ダメージは避けられない場合があります。そんな時は保湿を中心とした肌ケアをしてみて、それでもダメなら脱毛サロンに相談。このプロセスお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA